ホーム > ニュース
ニュース
春の芽吹き感じさせる緑の餃子、金象軸受会社で清明節に食べる伝統料理
2023/4/15 9:08:00 ビュー:2358次

「清明節」はお墓を清め、祖先を供養する日として定められた中国の祝日であり、それに二十四節気の一つである。清明節の食事について、江南地区人々のはよくもち粉で作った緑のギョーザを食べるとのことです。その緑はよもぎの色である。ヨモギともち粉を混ぜて揉んでいて、そして餡をいれて餃子が作れる。その餡は漬物、豚肉、卵とタケノコで作られ、蒸す前は薄緑で、蒸した後は濃い緑になる。 次の写真をご覧ください。 我々金象の団建活動の時に作られたギョーザである。